リフォームコラム

外壁塗装のメンテナンス時期はいつ!?


戸建てをお持ちの方は、どのタイミングでメンテナンスを検討するべきなのかご存知でしょうか?
一般的にはこのくらいの時期というタイミングはありますが、正確には一軒一軒タイミングは異なります。

多少の劣化ならば、まだ大丈夫とそのまま放置してしまうと、
最悪の場合は外壁材にひび割れ等の発生など様々な症状が現れて、外壁材が脆くなります。

そのため、定期的なメンテナンスを行い、異常に気づいたときはすぐに対処することが
無駄な出費を防ぎ、良い住環境を保つためには重要です。

そのため、今回は外壁塗装の塗り替え時期やセルフチェックについて解説していきます。


①外壁塗装の塗り替え時期について
結論から言うと、一般的には10年が塗り替え時期の目安です。
塗料によって多少異なりますが、塗料の耐用年数が約10年(最短5年、最長20年)のためです。

現在はシリコン系塗料が主流で、昔とは違い10年くらいの耐用年数は保てるようになっています。

しかし、各メーカーは新築時に塗装することを想定して耐用年数を考えていることもあるため、
新築時と10年経過後の外壁塗装工事での耐用年数には多少ズレが生じます。

そのため、塗装を行ってから10年程度が経過した段階でご自宅のセルフチェックを行い状況を確認することが重要です。

②セルフチェック
前項でも解説しましたが、塗装を行ってから10年程度が経過したら、セルフチェックを行いましょう。
セルフチェックする際に確認するべき箇所は以下です。

・色褪せ
経年や紫外線の影響で塗膜に色褪せが起きていないか。

・チョーキング
紫外線の影響で塗料が劣化し、白い粉状になって表面に出る症状。

・クラック
外壁にひび割れが起きていないか。

・こけ、藻
塗膜の保護機能が低下すると、こけ、藻が発生しやすいです。

・塗膜
塗膜の膨れ、はがれ等が起きていないか。
はがれ等が起こっていつ場合は塗膜の保護機能と防水機能が低下しています。

・コーキングの劣化
ひび割れ、破断など症状が出ていないか。外壁材が脆くなる可能性もあります。

上記のような症状が出ている場合は、外壁の塗り替え時期ですので
タイミングを逃さないようにしっかりと確認をしましょう。

③外壁塗装を行うメリット
外壁の劣化等が目に見て分かる場合以外では、塗り替えの必要性を感じることがあまりないかもしれません。
しかし、外壁塗装を塗り替えないとどのような事が起こるのかを解説していきます。

適正なタイミングで塗り替えを行うメリットとしては、「家を長持ちさせるため」です。
外壁は、常に負担がかかっていて思っている以上に劣化しています。

また、現在は雨漏りなどの水の浸入がなかったとしても、雨漏りが起こってからでは適正なタイミングとは言えません。
そのため、雨漏りが起こる前にメンテナンスをしてあげることが大切です。

更に、適正なタイミングで塗り替えを行うことで、トータルで掛かる費用を安く抑えることも可能です。
どうしようもない位になってから外壁の補修、塗り替えをするようでは、その修理費用は膨大なものになります。
そうなる前に塗り替え時期を見逃さず、定期的に塗り替えをすることで費用を抑えることが出来ます。

~まとめ~
今回は、外壁塗装の塗り替え時期についてご紹介してきましたが
目安の年数にとらわれることなく、劣化や不具合がみられる場合は早めに塗装会社へ点検や相談をすることをオススメします。

弊社では現地で調査を行った上でお客様へご納得いただける説明をいたしますので
お気軽にお問い合わせ・ご相談くださいませ。