社長の小言

百獣の王⁈

どうも長谷川です。

カウセリングに約3ヶ月程通ったかと思います。

学校を休まず、さぼらず、3ヶ月通った事はそれまでありませんでしたが、カウセリングに行き出してから学校はおろかカウセリングも休まず行くようになっていました。

続ける事で自分でもやれる事はあるといった自信や、続けたからこそ感じ取れる実感みたいなものが自然と身に付いていました。

そんな事当たり前だと思われるかもしれませんが、決められたルールの中で自分がコントロールされているような感覚を持っていた少年は決まった時間に学校へ行く作業がたまらなく退屈だったんです。

そう思うと私にとってカウセリングは大きな一歩を踏み出すきっかけになりました。

今思うとこれが私の「スタート」だったと思います。

カウセリングの締めくくりにカウンセラーから診断結果としてこう言われました。

「先ず始めに、貴方の中にはライオンがいます。貴方はそのライオンを飼いならす事がまだ出来ていません。」

もし他の人がこれを言い渡されたらきっとくだらないと笑ったでしょう。

ですが私は言葉を失いました。

だって、この数年間、正にそれに悩まされていたのですから。自分の中の何かに。

いつでも「何なんだお前は?」「何をしたいんだ?」と聞かれるばかり。

それがわからないから壁にぶつかっているのに。

ライオンがいたのかよ⁉︎です。

カウンセラーから続けて

「みんな心の中には何かしらの象徴を持っている。優しさであったり怒りであったり、その人自身を衝き動かす原動力となる物があります。

それが長谷川君はたまたまライオンでした。ライオンとは例えですが、多くの人は一見凶暴性を思い浮かべると思います。

長谷川君はそれによってここまで苦しんで来たのでしょう。抑えきれない感情でしたね。

その一方でライオンには家族の主としての強い正義感と責任感があります。

長谷川君にとっての家族は血の繋がった親兄弟だけではないですね。大切な人全てですね?

そう考えているあなたの想いを、周りが無下に扱かう事であなたの自尊心が傷付けられる。そんな人達からあなたの事をわかったように言われる事もあなたはすごく嫌いますね。

なんでいつもこうなるんだと、こんなはずではないんだとずっと悩んでいます。

あなたはその事を恐れて常に衝動的に行動しています。加減も出来ていませんね?

そうして常に、外敵に対してアンテナを張り続けて自分の縄張りを守る。

正にライオンです。」

はい、ドンピシャです。

カウンセラー恐るべしです。彼女の掌で転がされています。

「でもあなたの事はあなたしかわかりません。あなたの自尊心を傷つけようと近づいて来る人がいたとしたら、それはもしかしてあなたにも問題があるかもしれません。

周りではなく、まずあなた自身を変えましょう。

凶暴性だけではあなたのすばらしさは伝わりません。人を傷つける事はあなた自身を傷つけるのと一緒です。少しずつライオンとしての正しい振る舞いを覚えなさい。

あなたの中のライオンはあなたしか飼い慣らす事は出来ません。

でも、長谷川君はここまでよくがんばったね。お疲れ様^ ^

だから、もうそろそろ自分を大切にしてもいいんじゃない?」

もう……返す言葉なんて無いですよ。

ただただ泣いていました。

でも、哀しくて泣いていたのではありません。

続く〜^ ^