【原色塗料 他との違い】






お家の屋根や外壁などに使われる塗料の色は
一般的にはどんな色でも使えます
お好みに合わせて基本的には自由です




ただし気をつけなければならないのが
「色ごとに金額差がある」ということ




実は
赤 青 黄色などの原色系の塗料は
それ以外の塗料より高額になるケースがほとんど
色作りに使う「顔料」と呼ばれる粉があるのですが…
小難しい話は置いておいて




子供の頃 絵の具遊びをしていた当時を
思い出せば少しイメージ湧くかな
たくさんある色の中で原色は貴重な存在
替えの効かない唯一無二の存在
原色という個性
混ぜ合わせると可能性は無限大
その1つの色を作り出す為に
たくさんの原色を使えば使うほどカラフルに




まるで人間と一緒
経験(色)があればあるほどそれに勝る個性はない




故に原色の量に比例して塗料は高くなる




色選びの参考になれば🌱

【「色」の持つ印象とその力】






色にはそれぞれ印象の違いを持たせる力があります
明るい色 暗い色
淡い色 濃い色
明度と彩度
それらを構成するものは
原色と呼ばれる
赤 青 黄色
そして白と黒




何となく日々の生活の中で目にする色からは知らないうちに人の心は様々な印象を感じ取っていると思います




例えば
私は長距離ドライブが好きですが
ふと道中の青や緑の行き先標示を目にすると「安心・希望・落ち着き」などの気持ちが自分にある事に気が付きます




生活する中でも気分転換にお家の壁や家具の色、靴1つとっても見ても色を変えてみればもしかしたら気持ちが晴れたり落ち着いたりと心が豊かになるきっかけになるかもしれませんね




時には変えてみる事も大切だと思います




外壁塗装のメンテナンス時期はいつ!?


戸建てをお持ちの方は、どのタイミングでメンテナンスを検討するべきなのかご存知でしょうか?
一般的にはこのくらいの時期というタイミングはありますが、正確には一軒一軒タイミングは異なります。

多少の劣化ならば、まだ大丈夫とそのまま放置してしまうと、
最悪の場合は外壁材にひび割れ等の発生など様々な症状が現れて、外壁材が脆くなります。

そのため、定期的なメンテナンスを行い、異常に気づいたときはすぐに対処することが
無駄な出費を防ぎ、良い住環境を保つためには重要です。

そのため、今回は外壁塗装の塗り替え時期やセルフチェックについて解説していきます。


①外壁塗装の塗り替え時期について
結論から言うと、一般的には10年が塗り替え時期の目安です。
塗料によって多少異なりますが、塗料の耐用年数が約10年(最短5年、最長20年)のためです。

現在はシリコン系塗料が主流で、昔とは違い10年くらいの耐用年数は保てるようになっています。

しかし、各メーカーは新築時に塗装することを想定して耐用年数を考えていることもあるため、
新築時と10年経過後の外壁塗装工事での耐用年数には多少ズレが生じます。

そのため、塗装を行ってから10年程度が経過した段階でご自宅のセルフチェックを行い状況を確認することが重要です。

②セルフチェック
前項でも解説しましたが、塗装を行ってから10年程度が経過したら、セルフチェックを行いましょう。
セルフチェックする際に確認するべき箇所は以下です。

・色褪せ
経年や紫外線の影響で塗膜に色褪せが起きていないか。

・チョーキング
紫外線の影響で塗料が劣化し、白い粉状になって表面に出る症状。

・クラック
外壁にひび割れが起きていないか。

・こけ、藻
塗膜の保護機能が低下すると、こけ、藻が発生しやすいです。

・塗膜
塗膜の膨れ、はがれ等が起きていないか。
はがれ等が起こっていつ場合は塗膜の保護機能と防水機能が低下しています。

・コーキングの劣化
ひび割れ、破断など症状が出ていないか。外壁材が脆くなる可能性もあります。

上記のような症状が出ている場合は、外壁の塗り替え時期ですので
タイミングを逃さないようにしっかりと確認をしましょう。

③外壁塗装を行うメリット
外壁の劣化等が目に見て分かる場合以外では、塗り替えの必要性を感じることがあまりないかもしれません。
しかし、外壁塗装を塗り替えないとどのような事が起こるのかを解説していきます。

適正なタイミングで塗り替えを行うメリットとしては、「家を長持ちさせるため」です。
外壁は、常に負担がかかっていて思っている以上に劣化しています。

また、現在は雨漏りなどの水の浸入がなかったとしても、雨漏りが起こってからでは適正なタイミングとは言えません。
そのため、雨漏りが起こる前にメンテナンスをしてあげることが大切です。

更に、適正なタイミングで塗り替えを行うことで、トータルで掛かる費用を安く抑えることも可能です。
どうしようもない位になってから外壁の補修、塗り替えをするようでは、その修理費用は膨大なものになります。
そうなる前に塗り替え時期を見逃さず、定期的に塗り替えをすることで費用を抑えることが出来ます。

~まとめ~
今回は、外壁塗装の塗り替え時期についてご紹介してきましたが
目安の年数にとらわれることなく、劣化や不具合がみられる場合は早めに塗装会社へ点検や相談をすることをオススメします。

弊社では現地で調査を行った上でお客様へご納得いただける説明をいたしますので
お気軽にお問い合わせ・ご相談くださいませ。

0と1の間


皆さんこんにちは 長谷川です。



さて今回の脱線した内容もこの回あたりで落ち着こうと思います^_^よろしくお願いします。

唐突ですが1つ断っておきます。

私のような考えは世の中的にはかなりマイノリティであり非常識な見解だと思われる事は重々承知しています。この様な思考や行動から様々な誤解を生み、批判も幾度となく受けて来ました。青春があったから大人になってからも充実出来るんだ。といった意見もよくわかります。学生時代の友達は一生の友達だともたくさん聞きますね。素晴らしいことですね。

私はそれらを否定するつもりは全くありませんし、どれもその人が選び取った正解だと思います。ですがその裏でこういった生き方もある事を知っておく事が大事であると思うのが私の考えです。

ただ、表も大事ですが裏も同じだけ大事だと思うのが私の持論です。それって気付きづらい部分であり、後から見えて来る部分なのでそこを知る事や気付く事は人生において通過点であり、ある意味スタート地点であると私は捉えています。

例えば昔から続くもので今も尚変わらずある事と言えば……いじめ。

2種類あります。苦しんでいる人と苦しめる人。

彼等は学校の中が人生の全てと思い込んでいますね。学校生活を継続する事が双方にとってマイナス要素でしかないと私は思いますし、何よりも本人達にとってはその先の人生に尾を引くような事です。当事者は全くわかっていませんが。

これは社会生活においても同じだと思います。心当たりがある方は大勢いるのではないでしょうか。パワハラ、モラハラですね。ハラスメントする方は安易な考え方、そして利己的な発想です。

本来ならどちらとも同じ環境内に行くのを止めるべきだと思います。1番いいのはそれら自体を未然に防ぐべき事ですが環境を強引に変える事は対処策であり、逃げでもなんでもないと思います。当然本人達のある程度の同意が必要ですが。

そして残された人達で何故彼等が学校へ来れないのかも考えさせた方がいいのではと思います。他人事ではなく全員で話し合い現実と真摯に向き合う事は大切です。

だって、その場にいた「傍観者も同罪」ですから。知っていたならさらに悪質です。

周りが関わり、存在価値を肯定してあげる事こそが最大の治療薬だと思います。当事者同士の環境下で外野が他人事のごとくもう少しがんばれとか思っていたところで本人達にとっては何のアドバイスや気休めにもなりません。

私は0と1の間をわからない人が多過ぎる事がそもそもの問題だと思います。

スタートからゴールまでの間。

表と裏に変わるまでの間。

白と黒の間の灰色。

苦しめる人と苦しめられる人の「間の人」

それは自由と規律のバランス。これを知る事はとても大切です。バランスを取れる人は誰でしょうか?

集団でそういった事を行えるのは学校の強みだと思います。社会に出る前にやっておいた方がいい必要な訓練だと思います。以前にもお伝えしましたがはみ出しものは一様にして純粋です。必ず伝わります。ただ彼らの表現方法が善か悪かの両極端である為にバランスが悪く波紋を呼ぶだけです。決して間違ってはいない。私はそう思うように心がけています。

そして目の前の課題を対岸の火事と伝えるか、明日は我が身と伝えるかでその場に居る人間の人生を変える事が出来ると私は本気で思います。気付いたならば泳いで対岸の火事を消しに行く方がいいのでは?と私は考えます。泳いで渡るリスクを嫌う人が多過ぎます。巻き添えが怖いと内心怯えている。

ですが現場は「もう燃えている」

そこの過酷さに早く気付いてほしい。対岸で見てる側のあなたはまだ恵まれていると。是非岸から岸への出来事を体験して欲しい。人の為に尽くした経験は何にも変え難い経験になるのではないでしょうか。

その為には大人が想像力と創造性を求められる事を知るべきです。

本来は大人や先輩が子供や後輩に発想の手助けをしてあげて自分の頭で考えるような選択肢を与えるべきです。想像力に問いかけ、そしてしっかりと認めてあげてほしい。

私が社会に出てから思った事の一つに創造力、想像力の乏しい大人がなんと多い事かと痛感させられました。全てそれまでの教育環境のせいでしょうか。おそらく学校、家庭両方において窮屈な思いをさせられた末路です。転ばぬ先の杖の杖が邪魔です。

自由に走り回る方がいいに決まってます。当然怪我はしますが、治ります。しかもどうせ怪我をするなら早ければ早い方がいいんです。

だからどんどん挑戦しましょう!失敗は成功の元。この究極の理をほとんどの人が教わって来たはずです。

私の学生時代の周りの大人達はもう少し上手に好奇心をくすぐって興味を持たせて欲しかったです……。めちゃくちゃな言い分ですね(笑)わがまま言ってすみません。みなさんに対してきちんと感謝しておりますm(._.)m

とにかく教えられた事だけを100点で繰り返す事では創造性は養われません。20点でもいいから堂々と自分の足で歩むべきです。そして道中で痛みを知ります。行い次第では激痛です。ですが全力の20点ならばきっとリターンがあるでしょう。

辛いなら辛いと言えばいい。すぐ横で同じ苦しみを味わう仲間がいた事に気づくでしょう。言葉では伝わらない同じ痛みを知る者同志こそ本当の仲間になれると思います。だから人生は素晴らしい。

自分が一度何かを理不尽に失う経験をして、いつかまた顔を上げられた時には周りに同じ様な境遇の人がいると助けたくなるものです。未然に防ぐ方法であったり、立ち直るためのアドバイスを伝えたい。そうした熱意を指導者(大人)が持つべきです。

それが出来ずに人を傷つけたり機会を奪ったりするのはまだ何も失った事のない子供のする事です。大人の皮を被った大きな子供です。身体的成長に精神が伴ってないわけです。

私の学生時代に関わった多くの大人達も創造性に欠け新たな仕組み作りに挑戦する事に保守的な人が多かったのは確かです。とにかく根性論にしがみついていました。それでもみんな必死だったんだと思います。

そうするしかなかった……。今ならわかります。私の両親含めです。

激動の時代でした。でも幸いにも無事に終わりました。

ですから今、想いを伝えるのは私の番だと思いこうして勝手にブログにしています。

今の学校や社会が「自由」へと少しでも改善の道を歩んでいる事を切に願います。

脱線した話もこの辺で終わりにします(笑)

高校生になった私のやりたい事は何か?

それでは以前のブログ内容に戻ります。  が、                   それはまた次回^_^

続く〜

====================

戸建、マンションの塗装やお仕事の求人等もご興味がありましたらお気軽にこちらまで⬇︎

株式会社 G.B.S

代表取締役 長谷川 学

住所:横浜市南区六ッ川2-47-1

TEL:080-3444-1110

OFFICE&FAX:045-299-0092

MAIL:gbs.yokohama@gmail.com

HP:http://www.gbs.yokohama/

====================

青春は必要か?

皆さんこんにちは 長谷川です。

前回からの流れは内容的にちょっと脱線気味で長くなるので数回にわけます〜^_^前々回の続きはもう少し後で書きたいと思います。

さて

私はちゃんと計画的に卒業しました。授業日数は必要最低限になるよう事前に先生に聞いておいて……

出席日数が数学は後2回でアウト

社会は後5回まで休める

といったようにカウントしていました。単位が足りないと卒業が出来ないという仕組み。

困ったものです(笑)

高校生活終盤は出席日数をギリギリで保っていたのでバイク通学中(当然校則違反です)の朝に通学路で事故を起こした時も慌てて学校行きました。これ以上休むと卒業出来なくなりますから!⬅︎ただの馬鹿(笑)

当然テストの点数は赤点だらけでしたので結果として補習に多くの時間を費やす本末転倒な事を味わうわけですが、そこがまだ若気の至りといったところでしょうか。計画的とか偉そうな事言っていますがただのサボりです。良い子は真似しないでね^ ^ とにかく、その先のやりたい事の為に卒業証書が必要という事がわかったので仕方なく卒業する事に決めました。

私はやりたい事が明確にありました。

正直、当時は授業内容に興味が湧くような内容が見当たらなくて困惑していました。今はもうちょっと勉強すれば良かったかな?程度で後悔するほどではありません。赤点の影響も今のところありません!気づいてないだけ?……まぁいいです。それよりも放課後の時間に己の全てを出す為に学校では「温存」です。校内でのアウトプットはゼロです。

批判は甘んじて受けますが私自身が後悔していない以上それが私の選んだ生き方です。親には三者面談で泣かれましたが(苦笑)

多少の努力は試みましたが学校生活を「学生」らしく謳歌する事に意味を見出せませんでした……。

学生の青春は本当に必要か?(はい、偏見の塊です)

今でもついそう思ってしまいます。自分の子供を見ててもその時出来る最大の努力と呼べるほどの事をしているわけでもなく向上心も薄い生活をただただ楽しいから青春なんて言う綺麗な響きで誤魔化してない?とか思ったりします。

嫌な奴ですねぇ〜(笑) 学生時代がそうでなかった人は私の見解はどうぞ無視して下さいm(._.)m

俗に言う青春を楽しむ同級生達と私は一緒にいませんでした。いや、居れませんでした。

繰り返しますが友達がそこまで必要だとは思った事はありませんでした。大人になりたまにありましたが向こうが憶えていても私は全く憶えていない。そんな失礼な事があったりします。ごめんなさいm(._.)m

当時の私は単純にいつ楽しむのか?といった選択があると考えた時に「学生時代」ではなく「大人になってから」を選んだだけの気がします。今楽しくもないのに無理して楽しもうとするのはやめようといったスタンス。

それは根拠もなく自信に満ち溢れていました。だって、私は元々光を浴びていたわけではなく暗闇の中で光を見つけたから。そして今はあの頃より確実に光が見えている。少しずつではあるけどきっとあそこから抜け出したのだろうといった確信。

反抗期のあの頃は部屋の中に有ったのはたった1本のロウソクの灯。すぐそばの事も手探りで、そばにあるものも落としたり壊したり、時には自分も他人も傷つけたり。それはもう大変でした。

でも高校生になった今はロウソクの灯は沢山ある。部屋が明るくなった感覚です。あの時とは違いそばにあるものは明確に捉えられているよう。

ですから青春があるとするならばそれは「今」です!このブログを書いている今が人生で1番楽しいから。部屋には電気が通って蛍光灯で照らされています。点けたり消したり自由です。

皆さんの中にも学生時代よりその後の人生においてキラキラした人も必ずいるはず。

胸を張って青春は今だね。学生時代は不毛な日々で自分には随分と後から青春がやって来た!!

と胸を張って言える人、実はたくさんいるんじゃないんですかぁ?

もしその経験を悩める人へ的確に伝えられたなら、それってある意味恒常的に人を救う事につながりますよね。

違いますか?

続く〜

====================

戸建、マンションの塗装やお仕事の求人等もご興味がありましたらお気軽にこちらまで⬇︎

株式会社 G.B.S

代表取締役 長谷川 学

住所:横浜市南区六ッ川2-47-1

TEL:080-3444-1110

OFFICE&FAX:045-299-0092

MAIL:gbs.yokohama@gmail.com

HP:http://www.gbs.yokohama/

====================

1 / 512345

▲TOPへ