突然やって来る

どうも、長谷川です。

入学式が終わってまだ間もない頃でした。

学校に行く時間までのいつもの時間。

私はリビングではなく別の部屋に居ました。

もう一つのTVが置いてある、こじんまりとした比較的落ち着く部屋で、お決まりの朝のTV番組を見ていると、母親が部屋の扉を開けに来てこう言いました。

「いつまでもTV見てないで早く用意して学校へ行きなさい!」

普段から毎日言われていた言葉。

ただ、その日の私には全く違いました。

何故だかわかりませんが、体の内側から湧き上がる抑えられない感情にあっという間に埋め尽くされます。

「うるせーな‼︎わかってるよ‼︎」

突然持っていたTVのリモコンを投げつけて部屋を飛び出しました。

母親は唖然。

父親はその時それを見て激怒していたと思います。

その日から学校での生活態度も急変して行きます。

親に対してしたように、学校の先生に対しても激しく当たり散らします。

つい数年前まで親と一緒に外出をして、手を繋いでいた子供です。大人しいタイプではありませんでしたが、突然キレたりすることはなかったと思います。

周りの大人達も突然の事にわけがわかりません。

私の思う反抗期のイメージは、本人ですらわけもわからず突然やって来るもの。

ただ、当時の私は、それを不思議とおかしな事だとは思っていませんでした。

周りにも同じように感情的に行動している友達もいましたし、根拠はありませんが自分は間違ってはいないと思い込んでいたのです。

自分は正しいと信じきっていたのです。

この「思い込み」こそが思春期特有の感覚だと思います。

今では中二病なんて言われたりもしていますが、表現に違いはあるもののベース部分は同じだと思います。

「自己主張」「過剰な表現」「見栄」

今となれば幼稚だなぁと思えますが、思春期の私にはその感情のバランスをとるのが本当に大変でした。日常が苦痛でした。

子供なりに様々なストレスを抱えて生活をしていたのだと思います。

全ての不満に堰を切ったように感情が溢れ出します。

何故わかってもらえない?

何故そうなる?

何故自分だけ?

何故…何故……

心のバランスをとれずに人を傷つけ、自分自身も傷つきました。

続く^ ^

反抗期

どうも、長谷川です。

さかのぼること約25年程前

人間形成のベースとなる大切な時期が人それぞれあると思いますが、私にももちろんありました。

そう

思春期にやって来る反抗期です!

皆さんはどうでしたか?

ちょうど思春期の中高生を普段見かけますが、今の子供たちの反抗期は私達の頃とは少し……いや、だいぶ違うように思います。

私の娘と息子もちょうど高校生と中学生ですが、「お前達、反抗期あったか?」と疑問に思うほど「平和」です。

多少何かしらの衝突はあれど、全く手ごたえありません(笑)

そろそろだな、ヨシ来い!と反抗期を待ち構えていた自分は一体何だったのかと思うほどなーんにも起きません。

あくまでこれは私個人の意見で、中にはそれなりにエキサイトしているご家庭もあるでしょう^ ^

でも私の頃のそれに比べると明らかに違います。

時代は完全に変わりました。

平和万歳です^ ^

*一部の平和の来ない方々、あきらめなければ必ず光は見えて来ます。根気強く頑張ってくださいね!

さて、ここからは私の頃の話です。

中学1年生の春から夏の間に反抗期が突然やって来ました。

今でも鮮明に覚えています。

それは、ある日のいつもの朝の事でした。

続く^ ^

初投稿


このブログをご覧の皆様、はじめまして

株式会社 G.B.S 代表取締役 長谷川です。

閲覧頂きありがとうございます。

これが我が社のHPをネット上にアップしてから私が書く初めての投稿となりますが、最初に何を投稿したらいいのか私なりに考えました。

やはり塗装を生業としていますので、塗装の宣伝になる様な内容を書いた方がいいのだろうかと考えていましたが、私はそれではあまりにも芸がなさ過ぎると思ってしまいます。書いていてつまらないです^ ^

今やネットで「塗装」と検索すれば素人の方でも簡単に塗装について知る事の出来る時代です。

ですから、私は思いました。

塗装については他の人に説明してもらおう(笑)

塗装業界の皆さん、他力本願ですみませんm(_ _)m

私の分までしっかりお伝えください^ ^

もちろん、お仕事ですから塗装についても多少なりとも触れていきますが、私の性分的にあまり堅っ苦しい内容が好きではないので、わりと身近な出来事などを投稿出来たらなと考えていました。

そこでですが、まずは私の自己紹介を兼ねて何故この仕事に就いたのかを最初に投稿する事にしました。

その方が我が社にオファーをしてくださる方にとっては、私達をより身近に感じて頂き、そしてご自身の持つイメージやニーズを伝えやすくなる事に繋がり、さらには良好なコミュニケーションが取れると私は考えます。

まずは何者なのかをお伝えせねばいけませんよね。

自分の過去を振り返るのにもちょうどいい機会になると思うので、少しずつですが書いて行きたいと思います。

次回から、しばしお付き合い下さいませm(_ _)m

どうぞよろしくお願い致します。



株式会社G.B.S 代表取締役 長谷川

ホームページを開設しました。

株式会社G.B.Sでは、新たにホームページを開設しました。

これまで以上に施主さまにご満足いただける施工を心がけ、スタッフ一同精進してまいります。
今後とも、弊社をご愛顧賜りますようよろしくお願いいたします。

5 / 512345

▲TOPへ